2006年04月07日

株価指数14年5ヶ月ぶりの高値更新

必死で歩いている時は、今自分がどこを歩いているか分からないものです。

我に返ってふと後ろを振り返ってみると随分遠くまで来たものだと改めて感じることがあります。

思い起こせば、3年前の4月日経平均7,603円の大底から昨日の終値17489円まで10000円弱も上がってしまいました。

あの当時のことを考えると、この水準を買うのは恐ろしくなってきますが、反対にバブルの絶頂期のことを考えたらまだまだ買えるとなってしまうから人間の感覚というものは「ファジー」ということが、いいかげんというか、我ながら恐ろしさを感じます。

今日の注目銘柄をチェック!≫
よく相場は相場に聞けと言いますが、実際のところここから更に買いあがっていいものか、それとも小休止して安くなったところを買った方が良いのか悩まれていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。

そこで、こんな時に買って儲かる銘柄を探す術をもっていたらなんと心強いことでしょう。

そんなものある筈ないだろう、と思うのはまだ早いです。中・長期のトレンドが陰転していない限り必ず循環物色は続きます。

以前このブログでも申し上げましたが、新日鉄に代わってトヨタ自動車が牽引役になると指摘しておきましたが、あの時、本気にされた方が何人いらしたでしょうか。

この二つの銘柄のその後の軌跡をたどって見ると、見事に明暗がはっきりと現れています。

それでは、新日鉄はもう役割を終えたのでしょうか?

実はそうともいえないのが相場です。 いつも、言うことですが、「人の行く裏に道あり花の山」です。
常に先回りして多くの人が「お花見」でうかれている時、貴方は、既に「田植え」の準備をしていればよいのです。

人より先んじる「投資法」を研究してみてください。
今の利益の2倍以上は獲れるようになります。
儲かってない人は、必ず儲かるようになります。
がんばりましょう!
---------------------------

◆こちらの記事もいかかがですか?
株価の里帰りと「カラ売り」の有効性

◆このレポートを読めば、無料で株式投資の知識が得られますよ。
「ライブドアショックとは何だったのか?当面の相場環境を探る!」無料レポート

◆今週の分析シュミレーションは「超短期投資分析表作成マニュアル」を使っています。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
あなたが株式投資で幸せに成功されることを祈っています。
→できる!株式投資で目指せ!3年以内に2億円!【目次】へ

posted by ミナマツ at 00:00 | 株式投資のコツ!
便秘解消方法 漢字検定 福祉住環境コーディネーター 映画マニアの予告編倉庫 猫 飼い方 中小企業診断士 就職&転職に有利な資格! スピード キャッシング! ユニバーサル スタジオ ハリウッド キャッシング ガイド!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。