2006年04月06日

予定どおりの目先調整は上昇エネルギーの蓄積ととらえましょう!

昨日の東京株式市場は、インフレが抑制されているとの観測から、4日のニューヨーク市場が上昇したことを好感して、寄り付き直後から上値を買う動きが顕著でした。

しかしながら、高値警戒感と益出しの利食い売りに押され、後場には値を消す銘柄が多く、最終的には48円93銭安で引けました。

テクニカルの面でも、再三警告しておりますが目先陰転指標が点灯しており売られやすい環境に変わりはありませんが、反面、下値を拾う動きもあり売買高概算も21億4000万株を越え、売買代金も3兆2500億円とまた3兆円を越えてきました。

今日の注目銘柄をチェック!≫
超短期ボリュームレシオも0%に接する銘柄が1100銘柄を越えてきています。

約4500銘柄の四分の一が、目先の陰極をつけてきました。
これらの銘柄から先駆けて飛び出していく銘柄があるわけです。

ストキャスティクスのK%が上昇トレンドを維持していて、先ほど述べた超短期ボリュームレシオが0%から反転し始めた瞬間を買うとちょうど上がり始めを買うことになり、確実に利益がのってきます。

「超短期分析表」を活用されている方は、単独で使用しても、上記の指標と併用しても、その上がり始めを買うチャンスの到来です。

今回は、前の上昇で晴れ晴れと上昇せずに、押さえられていた銘柄を選んで注目銘柄として分析しておきましょう。

特に前回の上げで、大量の出来高を伴って上げた銘柄は避けてください。

この次の上げでも、貴方のスキルを発揮して大きく儲けてください。

---------------------------

◆こちらの記事もいかかがですか?
急騰銘柄の狙い方。株はタイミングが大切!

◆このレポートを読めば、無料で株式投資の知識が得られますよ。
無料レポート すでに700名超の方が購読!「奇跡の軌跡!FX(為替証拠金取引)で資金が3.7倍になる道のりを大公開」今すぐダウンロード!

◆今週の分析シュミレーションは「超短期投資分析表作成マニュアル」を使っています。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
あなたが株式投資で幸せに成功されることを祈っています。

→できる!株式投資で目指せ!3年以内に2億円!【目次】へ
posted by ミナマツ at 00:00 | 株式投資のコツ!
便秘解消方法 漢字検定 福祉住環境コーディネーター 映画マニアの予告編倉庫 猫 飼い方 中小企業診断士 就職&転職に有利な資格! スピード キャッシング! ユニバーサル スタジオ ハリウッド キャッシング ガイド!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。